なかなか治らない肌荒れを何とかしたいという方のために、肌荒れに効果的な成分が配合された化粧品をご紹介しています。肌荒れが起こるメカニズムに着目し、それを解消してくれる成分が配合されたものを厳選しました。繰り返し起こる肌荒れを改善したいという方は、ぜひことらを参考にしていただければと思います。

肌荒れを治す成分が配合されている化粧品の選び方

肌荒れに効く化粧品選び3つの重要ポイント
炎症をしっかりとケアしてくれるもの
肌荒れは肌が炎症を起こすことで症状が現れるので、炎症をしっかりとケアすることが肌荒れケアには有効となります。ですから、抗炎症作用のある成分が配合されている化粧品を選ぶことが最重要となります。
肌のバリア機能を高めてくれるもの
肌荒れがなかなか治らない理由の一つは、肌のバリア機能が低下しているために外的刺激を受けやすくなっているからです。外的刺激によってダメージを受けると炎症を起こしやすくなるので、肌のバリア機能を底上げすることが肌荒れを改善するための大きな一歩となります。
肌の水分量を高めてくれるもの
肌が乾燥するのも肌荒れを悪化させる原因の一つとなっています。しかも、肌の水分量は年々減少していくので、しっかりと水分を補給する必要があります。ただ単に、保湿成分を補給するだけでなく、保湿をキープできるものを選ぶことが重要となります。

肌荒れを治すのにおすすめの化粧品ランキング

アヤナス
肌の炎症を抑えてくれる「コウキエキス」と「ラベンダーエキス」を配合した化粧品です。肌のバリア機能を高めてくれる「ヒト型ナノセラミド」を配合しているので、肌荒れを起こしにくい肌へ強化することができます。また、肌荒れを悪化させないよう、肌の乾燥を防ぐために長時間保湿効果をキープする「高浸透グリセリン」が配合されています。
抗炎症作用:◎ バリア機能強化:◎ 水分量アップ:◎
ライスフォース
肌のバリア機能を底上げするために欠かせないセラミドをたっぷりと補給できる化粧品。抗炎症作用のある「グリチルリチン酸2K」を配合しているので、円称す素早く抑えることができます。また、お米を発酵・熟成させて作られた高保湿成分を配合しているので、肌の水分保持力を大幅に高めることができます。
抗炎症作用:○ バリア機能強化:◎ 水分量アップ:◎
セラミディアル
セラミド1、セラミド2、セラミド3、セラミド6Ⅱという4種類のセラミドを高濃度で配合しているので、肌のバリア機能を高めるのに効果を発揮してくれます。肌の水分蒸散を防ぐタイトジャンクションの形成を促進する成分が配合されているので、肌の水分量を長時間キープできる肌へ導いてくれます。
抗炎症作用:○ バリア機能強化:◎ 水分量アップ:○
米肌
セラミドを生み出してくれる「ライスパワーNo.11」を配合した化粧品です。角質層のセラミド量を高めることができるので、肌のバリア機能をアップすることができます。また、空気中の水分を肌に吸収する成分も配合しているので、肌が乾燥しにくい状態をキープすることができます。
抗炎症作用:△ バリア機能強化:◎ 水分量アップ:○
ヒフミド
ヒト型セラミドを高濃度で配合した化粧品です。化粧水やクリームはもちろんですが、クレンジング・洗顔料・日焼け止めなど全てのアイテムにセラミドが配合されています。常にセラミドを補給できるので、バリア機能が劣ってきたと感じる方に最適です。抗炎症成分はあまり配合されていないので、肌荒れの症状が軽い方におすすめです。
抗炎症作用:△ バリア機能強化:◎ 水分量アップ:△

肌荒れを治すのに最もおすすめしたい化粧品はこちら!

肌荒れに最も効果を発揮してくれるのは「アヤナス」です!
炎症を抑える2つの成分を配合
⇒ 肌荒れの元となる炎症を抑えるために、「コウキエキス」と「ラベンダーエキス」という2種類の抗炎症成分が配合されています。2つの成分を組み合わせることによって、肌に表面と内側の両方から炎症にアプローチすることができます。
肌のバリオア機能を底上げする成分を配合
⇒ 肌の斉昭能を高めるために配合されているのが「ヒト型ナノセラミド」です。ヒト型セラミドをナノ化しているので、角質層に素早く浸透してバリア機能を急速に高めてくれます。また、特許成分「ヴァイタサイクルヴェール」が肌表面にバリア膜を形成してくれるので、2重にバリア機能を高めることができます。
肌の水分量を高めてキープしてくれる
⇒ 肌に水分ため込んでおくのに欠かせないコラーゲンを生み出す「Cvアルギネート」や肌の水分を蒸散させない「高浸透グリセリン」を配合しているので、肌に潤いを閉じ込めて長時間キープすることができます。乾燥を防ぐことで肌荒れが悪化するのを食い止めることができます。

抗炎症成分とバリア機能アップ成分を配合し肌荒れを徹底ケアできるのが「アヤナス」の強みです!